HOME

アーバンライフの仲介 神戸・芦屋・西宮・大阪・京都の不動産物件情報

アーバンライフ住宅販売の不動産コラム

京阪神不動産コラム, 買いたい|2016年03月18日

物件の購入を決めるポイント

不動産購入はとても高額な買い物です。
不安や迷い、様々なことが脳裏をよぎります。
このような部分を解消する為にはどうすればよいのか、これまで不動産を購入された方が、どのような心理で何を基準に購入を決めたかを、ご紹介させて頂きます。

家族のライフスタイルの中で、第一優先を考える

購入の相談を受ける際、ほとんどの方が希望される項目がございます。

・南向き・上層階・日当りが良い・駅から徒歩10分圏内
・駐車スペース2台・敷地面積30坪~35坪

上記は誰もが希望する理想の物件です。
しかし、この理想どおりの物件を購入できた方は1割もいないのが現状です。
物件の場所、住環境など、理想通りにはいかないのが現実です。

その中で決断をするポイントになるのが、希望の中で優先順位を着けることです。
電車を良く利用されるのであれば駅近。
景色を見るのが好きであれば上層階。
このように、ご家族のライフスタイルの中で第一優先を決めることが、不動産購入のポイントです。

妥協点を見つける

第一優先は絶対に外せない部分です。
第一優先の希望に合う物件が見つかれば、次は妥協点を考えます。

例えば、
・駅近がかなったのであれば、日当りは諦める。
・上層階で眺望が良いから、南向きではなくても良い。

このように、第一優先がかなうと諦めがつく点を見つけることが、購入するポイントになってきます。

現在の賃料と比較する

「住宅ローンの支払35年」と言われると、重たい岩を乗せられたような気になります。
しかし、今のお住まいでも家賃が発生しているはずです。

現在、住宅ローンの金利が低水準になっており、月々負担が減っているとの声をよく聞きます。
また住宅ローンの借り換えや不動産のお住み替えを行う方が増えております。
賃貸の場合は家主様へ。住宅ローンの場合は銀行へ。
それぞれ支払先が異なるだけで、毎月の支払いが発生するのはどちらも同じです。
また、住宅ローンを借入れされると、「住宅ローン控除」もあり、負担は軽減されていると考えております。

最後に・・・・・・

不動産の購入は、誰もが不安になり、迷ってしまうものです。
その不安を解消する役割が私たちです。

これまでたくさんのお客様とご縁を頂きましたが、最終的にご決断された理由で共通している点は「家族が笑顔で暮らせる家」という部分だと思います。
自宅とは、心が落ち着く場所であり、一番の癒しの場所であるべきものです。

弊社では、お客様との対話を大切にしており、お客様に合う物件をご紹介できるようにご対応いたしますので、お気軽にご相談下さい。

[濱田康弘]

ご購入の流れはコチラ
売買物件の検索はコチラ

京阪神不動産コラム, 買いたい

ページトップへ

お取扱いの地域

兵庫県
神戸市東灘区、神戸市灘区、神戸市中央区、西宮市、芦屋市、宝塚市・・・他
大阪府
大阪市中央区、大阪市西区、大阪市北区、大阪市福島区、大阪市浪速区、豊中市・・・他
京都府
京都市中京区、京都市下京区、京都市上京区、京都市東山区、京都市左京区、京都市右京区・・・他

会員の方

閉じる